通信制高校の就学支援金は単位ごとに計算しよう

通信制高校でも、全国の対象世帯がもらうことのできる就学支援金を受け取ることができます。就学支援金とは、世帯年収がその世帯の子どもの学力に大きな影響を与えるということから、年収910万円以下の世帯に給付される教育費の支援金です。


通信制高校は1単位4812円、74単位分

通信制高校の就学支援金は、単位に換算して給付されます。卒業までに必要な単位が最低で74単位、1単位分の値段を4812円として給付される仕組みです。履修する単位や参加するイベントなどの参加費用で生徒個人の学費が大きく異なる通信制高校なので、ほかにかかる費用はあるのですが、現時点での給付金は原則として、卒業に必要な最低単位数分までとなるそうです。通信制高校では、履修の申し込みをした時点で、単位の修得の有無は関係なく単位分の学費がかかります。


校外学習などの費用は別途かかる

集中スクーリングや体育の授業で校外学習に参加する場合、参加費用などは別にかかるケースがほとんどです。そのため、単位の値段だけを学費と捉えるのはあまりおすすめできません。簡単な校外学習の場合は、現地に集合、現地でかかる費用などをその場で生徒が負担、というケースもありますし、バスなどで移動する場合には事前に参加費用を納めて傘下の申し込みを行って校外学習へ出かけるそうです。

Comments are closed.