通信制高校とサポート校の法律上の違い

通信制高校ではサポート校に通うことが最初からセットになっている学習スタイルを維持しているところもあります。通信制高校は就学支援金対象ですが、公的な学費支援をサポート校では受けることができません。この違いなどを法律上の違いをメインにご紹介します。


通信制高校とサポート校は学校として何が違うの?

通信制高校は高校なので文科省などがきちんと所在地や代表者などを確認しています。設立にも認可が必要です。しかしサポート校の場合、フリースクール扱いとなるので、認可などは特に必要ありません。専門学校がサポート校の役割を担う場合には、専修学校や専門学校の許可も得ていますが、そうではない場合には、塾と同じように、国への申請がいらない学習施設という認識となります。


サポート校の教諭は高校教諭資格が必要ないことも

そのため、塾の先生に教師の資格等も必要ないように、サポート校で行われるサポート校の授業の場合は、高校教諭資格が必要ないと考えられます。法律上、フリースクール扱いである以上、問題はないのですが、学校に通わせる親としては不安もあるかと思うので、学校見学などに行った際、先生とちゃんと話してみるなど、実際に自分の目で通信制高校を確認することが大切なようです。

Comments are closed.