通信制高校で進学はできるの?

通信制高校では自分のペースで学習をすることができますが、進学を考えるときに多くの保護者が不安になる点に、進学という問題があるそうです。通常よりも学校へ通う日数も少ないのは事実ですし、学習面で生徒を追い詰める先生も少ないと言われていますから、保護者も不安になるのは当然のことと思います。


通信制高校でも推薦枠などを持つ高校も

通信制高校でも、大学への推薦枠を持っているところもあります。また高校卒業資格に、全日制高校と通信制高校で違いなどはありませんから、高卒資格が必要という学校へは、試験に通過すれば出身校に関係なく入学することも可能です。学校見学や説明会などでも、進路に関する相談会などが行われることもありますし、先生に直接質問もできると思いますから、推薦が可能ならどのような大学があるかなどを聞いてみましょう。


理系や医療系に行く場合は選択科目に注意を

理系の一部の大学や、医療系の専門学校、大学への進学を考えている場合などは、選択科目に受験資格となる科目が含まれていることがあります。数Ⅱや生物などは高校では必修単位ではないことから、在学中に別の単位で卒業資格を得てしまうと、この単位だけを取り直すために半年から一年間かかる可能性もありますから、自分の進路が大雑把にも見えてくる2年生からは、先生にも相談するといいでしょう。

Comments are closed.