通信制高校では制服を着られないの?

通信制高校では生徒の個性などを尊重するという教育方針を持っているところが多く、全日制高校などに多い制服の着用義務がない高校も少なくありません。服装にもそこまで厳しい指導は行わないこともありますが、ファッション科など、普通の高校には少ない専門的な学習を行う高校が多いこともこの、自由な校風を作る理由となっているそうです。


通信制高校だって制服を着たい

しかし、ここ数年で制服に対する注目が集まってきたこともあり、通信制高校でも制服を販売する高校は増えているそうです。高校生までしか着ることができないというレア感などもあるそうですし、渋谷や原宿など、学生が多く遊びに出るところや、学生向けのメゾンではスクールバックなどを販売しているところも少なくないそうです。


着用は生徒の自由なのでほしい人だけ

制服の販売は行っていますが、原則として通信制高校では着用の義務化などは行われていないそうです。また他のアイテムとの組み合わせも自由となっていますから、ブラウスやジャケットだけを利用する、自分の持っているものや着たいものと組み合わせた着用も可能なのだそうです。若い世代から支持されているメゾンとのコラボレーションがあるなど、制服は今後も注目を集めそうですね。

Comments are closed.