私立通信制高校の学費の特徴

費用面で出来る限り安く学習の場を提供するといった公立の通信制高校と比較すると、私立ははるかに高額になります。公立の通信制高校はそもそも、経済的な理由で学習の機会を奪われてはいけない、学校に通えない事情がある人も教育を!といった意味合いから生まれていますので、できるだけ経済的な負担が小さいように作られているのです。しかしちかごろでは不登校やイジメ問題で不登校として中学時代を過ごした生徒たちの、大切な受け皿になっています。私立の通信制高校はそういった生徒たちが無事に卒業し、次の目標が見つけられるように、精一杯のフォローを行っているものも多く見られます。


<私立通信制高校の学費>

私立の通信制高校は学校の特長によって学費負担も全く違います。入学金だけを見ても2万円程度のものから10万円前後が見られ、授業料も1年間で20万円程度から100万円のものなど、様々です。生徒に対してどれだけ手をかけるのかも関わりますし、生徒へのアプローチの仕方にもよります。それが授業料の違いに反映します。卒業や進学に向けた学習面のフォローや進路指導を手厚くすれば、学費も負担が大きくなります。子供たちが抱えている問題に取り組むカリキュラムの導入があれば、また学費は高くなります。しかしそれだけのフォローがあれば、学習計画や将来のビジョンも、だんだんとイメージ出来るようになります。

Comments are closed.