学費から見る通信制高校の特徴

通信制高校には私立と公立があり、それぞれに特徴があります。最も顕著な違いは学費です。
公立の通信制高校のスタンスは、経済的な負担をより軽減させ、「自分自身の努力」と「学習への意欲」があれば卒業できるといったものと言えます。
手取り足取りということはありません。


<公立の通信制高校の学費>

公立の通信制高校は「どんな環境下にある人でも等しく高等教育が受けれるように」という理念から生まれているということもあって、学費面も負担が小さくされています。
入学金は500円程度。授業料が年間1万円から3万円程度。教科書や学習費で年間1万円前後。
その上、生活状況などの要件にマッチすれば、無償の処置が受けれることもあります。
また奨学金制度などもあり、スクーリングなどの交通費まで割引や無償化が見られます。
経済的な理由で断念せざるえないような理由が発生する可能性を、極力減らしています。
この制度によって救われた学習希望者も多く、公立に求められる意義としては充分に配慮されています。
ただし学習者に対するフォローというものはあまり期待できませんので、「自分で学ぶ」という確固たる信念がないと、継続してゆくのは至難の業です。
反対に、努力と意欲があれば、どんな困難な状況にあっても高等教育を受けることが出来るような準備があると言えるのです。

おすすめ関連リンク・・・・卒業率の高い通信制高校紹介サイト

Comments are closed.